ウエルスアドバイザーYouTubeチャンネル かんたんファンド検索 詳細条件でファンドを検索 ファンドの見直し

国内市況ニュース

日経平均は132円安と4日ぶり反落、手がかり材料難や週末要因で不安定な値動き=17日後場

2024/05/17 15:39

 17日後場は日経平均株価が、前日比132円88銭安の3万8787円38銭と4日ぶりに反落。一方、TOPIX(東証株価指数)は同8.08ポイント高の2745.62ポイントと続伸した。現地16日の米国株安や、きのう16日に大幅高した反動などから、日経平均は午前9時54分に、同380円70銭安の3万8539円56銭を付けた。決算発表が終了し、手がかり材料難のなか週末要因もあり、不安定な値動きとなったが、外国為替市場では1ドル=155円70銭台と、朝方の水準から円安方向に振れたことを支えに、下げ幅を縮小する場面もみられた。東証プライム市場の出来高は18億4255万株、売買代金は4兆236億円。TOPIXが続伸したことから、騰落銘柄数は値上がりが999銘柄と、値下がりの592銘柄よりも多い。変わらずは59銘柄だった。

 業種別では、33業種のうち12業種が下落、21業種が上昇した。テルモ<4543>、HOYA<7741>などの精密機器株や、ヤマハ<7951>、任天堂<7974>などのその他製品株が下落。信越化<4063>、日東電<6988>などの化学株や、サイバー<4751>、リクルートH<6098>などのサービス株も安い。日本紙<3863>、北越コーポ<3865>などのパルプ紙株や、松竹<9601>、スクエニHD<9684>などの情報通信株も軟調。一方、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株や、東電力HD<9501>、東ガス<9531>などの電気・ガス株が上昇。トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株や、郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も高い。

 個別では、サンアスタ<4053>、ブレインP<3655>、住友ファーマ<4506>、デジアーツ<2326>、デサント<8114>などが下落。半面、プロレドP<7034>、ネットプロテ<7383>、宮越HD<6620>、ヨコオ<6800>、ジャムコ<7408>などが上げた。

提供:ウエルスアドバイザー社