ウエルスアドバイザーYouTubeチャンネル かんたんファンド検索 詳細条件でファンドを検索 ファンドの見直し

国内市況ニュース

日経平均は534円高と大幅に3日続伸、取引終了にかけ引き締まる=16日後場

2024/05/16 15:24

 16日後場は日経平均株価が、前日比534円53銭高の3万8920円26銭と大幅に3日続伸。TOPIX(東証株価指数)は同6.66ポイント高の2737.54ポイントと反発した。現地15日の米国株式市場で、CPI(消費者物価指数)の伸び鈍化を受けて長期金利が低下。NYダウが史上最高値を更新し、ナスダック総合指数も連日で史上最高値を塗り替えたことを受け、朝方から買いが先行。戻り待ちの売りに押され上げ幅を縮小する場面もみられたが、時間外取引で米株価指数先物が上げ幅を拡大したことも支えとなった。日経平均は午後2時56分に、同563円65銭高の3万8949円38銭を付けるなど、取引終了にかけ引き締まる格好となった。

 東証プライム市場の出来高は22億1709万株、売買代金は5兆657億円。指数が上昇した一方で、騰落銘柄数は値上がりが607銘柄で、値下がりは994銘柄と下落した銘柄が多かった。変わらずは29銘柄。

 業種別では、33業種のうち16業種が上昇、17業種が下落した。サイバー<4751>、リクルートH<6098>などのサービス株や、大和証G<8601>、野村<8604>などの証券商品先物株が上昇。タカラトミー<7867>、任天堂<7974>などのその他製品株や、クレセゾン<8253>、オリックス<8591>などのその他金融株も高い。アドバンテス<6857>、東エレク<8035>などの電気機器株や、LIXIL<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も堅調。ディスコ<6146>、ダイキン<6367>などの機械株や、テルモ<4543>、セイコーG<8050>などの精密機器株もしっかり。一方、王子HD<3861>、日本紙<3863>などのパルプ紙株や、出光興産<5019>、ENEOS<5020>などの石油石炭製品株、日本製鉄<5401>、JFEHD<5411>などの鉄鋼株が下落した。

 個別では、スタティアH<3393>、オーケストラ<6533>、化工機<6331>、ニッパツ<5991>、エムアップH<3661>などが上昇。半面、Wismet<9260>、ネットプロテ<7383>、Eギャランテ<8771>、広済堂HD<7868>、リックス<7525>などが下落した。

提供:ウエルスアドバイザー社