ウエルスアドバイザーYouTubeチャンネル かんたんファンド検索 詳細条件でファンドを検索 ファンドの見直し

全ニュース一覧

日経平均が反落スタート、きのう大幅高の反動で売り優勢=10日寄り付き

2024/07/10 09:05

 10日の日経平均株価は、前日比135円84銭安の4万1444円33銭と反落してスタート。きのう9日に大幅上昇し、初めて4万1000円台で引けた反動から、売りが優勢となったもよう。現地9日の米国株式市場では、NYダウが続落したものの、ナスダック総合指数は6日続伸し連続で史上最高値を更新するなどまちまち。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、9日の大阪取引所清算値比105円安の4万1515円だった。

 東京外国為替市場では午前9時2分時点で、ドル・円が1ドル=161円台の前半(9日は160円91−92銭)、ユーロ・円が1ユーロ=174円台の半ば(同174円06−10銭)で取引されている。

提供:ウエルスアドバイザー社